プラセンタとは胎盤という意味があります。そこから有効成分を抽出したエキスを通称プラセンタエキスと読んでいます。プラセンタには免疫力の向上や美白効果があり、女性に嬉しい効果が多くあります。まだメジャーでは無いプラセンタについてこちらで紹介します!

多くの果物と野菜
  • ホーム
  • 動物性プラセンタと植物性プラセンタについて

動物性プラセンタと植物性プラセンタについて

笑う女の人

動物性プラセンタとは、馬や豚、ヒトなど動物の胎盤を指しています。
これらには胎児に栄養を与えるためにアミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。
また細胞分裂を促進する成長因子も含まれていることから美肌にも効果があります。
品質が最も高いのはヒトから抽出したもので、次に馬、豚と続きます。
羊も品質は高いですが、日本では商品化できないので外国から輸入しなければ利用することはできません。
動物性プラセンタを購入する時は、その動物がどのような環境で飼育されたかを確認した方が良いです。
劣悪な環境で育っていれば、質が悪く薬剤などで汚染されている可能性があります。
一方で植物性プラセンタは動物の胎盤と同じような働きがある胎座という組織から栄養素を抽出しています。
原料となるのはアロエやライ麦、アセロラなので、アミノ酸やミネラルは豊富ですが、成長因子が含まれていないので別の成分として認識されています。
健康や美容への効果は低いですが、植物性プラセンタは安全性が高いので、商品開発が進んでいます。
かつて牛を原料に使っていたことがありましたが、狂牛病や口蹄疫などの病気が発生したことで現在では使用禁止となりました。
現在使われている動物性プラセンタは安全性が認められていますが、人によってはアレルギーを発症してしまいます。
そのような人でも、原料となる植物にアレルギーがなければ植物性プラセンタを使うことができます。
また独特の動物臭さがないので、サプリメントやドリンクにした時に口に入れやすいです。
アンチエイジング効果を期待しているならば成長因子を含む動物性プラセンタ、アレルギーが不安で飲みやすさを優先するならば植物性プラセンタが適しています。

関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索