プラセンタとは胎盤という意味があります。そこから有効成分を抽出したエキスを通称プラセンタエキスと読んでいます。プラセンタには免疫力の向上や美白効果があり、女性に嬉しい効果が多くあります。まだメジャーでは無いプラセンタについてこちらで紹介します!

多くの果物と野菜
  • ホーム
  • プラセンタとビオチンと甲状腺の病気

プラセンタとビオチンと甲状腺の病気

マッサージを受ける女性

日本は、更年期障害で悩んでいる女性が多いです。
更年期とは、閉経の前後10年くらいの期間を指します。
更年期になると、肌の不調や疲れを感じやすくなる女性が多くなります。
肌の不調や疲れは、ストレスや加齢の影響もありますが、女性ホルモンの影響も大きいです。
女性ホルモンは、40代の後半くらいから急激に減少します。
女性ホルモンが減少すると、汗が出たり、動悸が激しくなるなど、様々な不調が出てきます。
更年期障害と似た症状が出る甲状腺の病気もあるので、間違えないように違いを把握しておく必要があります。
更年期の様々な症状に対する対策としては、更年期症状の改善に良いと言われる栄養成分を摂取することも有効です。
大豆イソフラボンは、ほてりなどの更年期症状の緩和効果が期待できます。
ビオチンは、老廃物の排泄を促し、エネルギーの代謝をサポートします。
カルシウムは、ホルモンの分泌などの機能を維持して、神経の興奮を抑えます。
ポリフェノールは、老化の原因となる活性酸素から体を守ってくれます。
美容成分として有名なプラセンタには、更年期障害の様々な症状を緩和する働きがあります。
国内で認可されているプラセンタ製剤は2種類あります。
プラセンタは、胎盤から有効な成分を抽出したエキスのことです。
アミノ酸、ビタミン、ミネラル、成長因子など、人間に必要な栄養が豊富に含まれています。
皮下注射により、プラセンタ製剤が体内に投与されると、プラセンタが卵巣の働きを助けてホルモンのバランスを整えます。
プラセンタの血行促進効果や疲労回復効果などが複合的に働いて、更年期の症状を和らげます。
のぼせや頭痛、疲労、不眠など、更年期の症状がひどい時は、早めに病院へ行って医師の診察を受けた方が安心です。

関連記事